強行規定

 法律の規定であって、公(おおやけ)の秩序に関する規定を「強行規定」という。 また同じ意味で「強行法規」ということもある。

 強行規定は、当事者の意思に左右されずに強制的に適用される規定であると解釈されている。

 従って、強行規定に反するような契約をした場合には、その契約はその部分について無効とされる。

 この反対に、当事者の意思によって適用しないことができる規定は「任意規定」という。

 ある規定が強行規定であるかどうかは、その規定の性質にもとづいて判断するのが原則である。

 例えば、民法の相続に関する諸規定は、社会秩序の根本に関わる規定であるから「強行規定」であると判断されている。

 これに対して、消費者や社会的弱者を保護するようないくつかの法律では、法律中で強行規定であることを明記している場合がある。

 例えば、借地権の存続期間等について定めた借地借家法第3条から第8条については、借地借家法第9条で 「第3条から第8条に反する特約で、借地権者に不利なものは無効とする」と明記されている。

お電話でのお問い合わせ03(3931)0880

(受付 9:00~17:30)
メールでのお問い合わせoheya2009@hayashishokai.jp

文字化けする方・メールソフトが起動しない方は
こちらをクリック

定休日
日曜・水曜・祝日

サイト管理者

社長写真 社員写真

こんにちは。社長の 林 栄 です。
当社は、借りていただいた皆さんに、「快適に長~く住んで頂けたら良いな」、ということを信条として営業しています。
お客様に納得してお部屋をお借り頂き、快適に生活出来るお部屋をご紹介いたします。
東武練馬の賃貸物件なら当社!
ご来店お待ちしております。

yahoo検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

yahoosearch

会社表示

東京都知事免許
(14)第12836号
林商会不動産株式会社
東京都板橋区徳丸3-1-1