行為能力

 自分が行なった法律行為の効果を確定的に自分に帰属させる能力のこと。

 法律行為を有効に行なうには意思能力を持つことが必要とされているが、実際の契約等において意思能力を持たない者(=意思無能力者)が、契約当時に意思能力を欠いていたことを事後的に証明することは非常に困難である。

 そこで民法では、正常かつ完成された精神能力を持たない者を画一的に「行為能力が制限された者」(=制限能力者)として取り扱い、こうした者を保護している。

 このような制限能力者には、法定代理人または保佐人・補助人が選任されている。

 制限能力者がこれらの法定代理人等の同意を得ないで単独で行なった法律行為は、原則として事後的に取消しが可能である。

 このように法定代理人等に同意権を与えることにより、制限能力者が不適切な法律行為により不利益を被ることがないよう監視しているのである。

 制限能力者とされているのは、未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人である。

お電話でのお問い合わせ03(3931)0880

(受付 9:00~17:30)
メールでのお問い合わせoheya2009@hayashishokai.jp

文字化けする方・メールソフトが起動しない方は
こちらをクリック

定休日
日曜・水曜・祝日

サイト管理者

社長写真 社員写真

こんにちは。社長の 林 栄 です。
当社は、借りていただいた皆さんに、「快適に長~く住んで頂けたら良いな」、ということを信条として営業しています。
お客様に納得してお部屋をお借り頂き、快適に生活出来るお部屋をご紹介いたします。
東武練馬の賃貸物件なら当社!
ご来店お待ちしております。

yahoo検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

会社表示

東京都知事免許
(14)第12836号
林商会不動産株式会社
東京都板橋区徳丸3-1-1