善管注意義務

 取引上において一般的・客観的に要求される程度の注意をしなければならないという注意義務のこと。

 すべての取引においてこの注意義務が要求されるものではなく、この注意義務が要求される取引の種類は限られている。

1)善管注意義務の意味

 善管注意義務とは、正確には「善良なる管理者の注意義務」のことであり、民法第400条の条文に由来する。

 民法第400条では、特定物(中古車・美術品・建物のようにその物の個性に着目して取引される物のこと)の引渡しの義務を負う者は、その引渡しが完了するまではその特定物を「善良なる管理者の注意義務」をもって保存しなければならない、と定めている。

 この民法第400条の趣旨は、例えば美術品の売買契約が成立した場合に、契約成立後から美術品の引渡しまでの期間において美術品の売り主は一般的・客観的に要求される程度の注意義務(すなわち善管注意義務)をもって保管しておかなければならない、ということである。

 従って、契約成立後から美術品の引渡しまでの期間になんらかの事情で美術品が破損したとすると、売り主が一般的・客観的に要求される程度の注意義務(善管注意義務)を果たしていたかどうかが問題となる。

 善管注意義務を果たしていたのであれば売り主には過失がないことになるので、売り主には債務不履行責任(民法第415条の責任)は発生しないことになり、破損による損失は危険負担(民法第534条)として処理されることになる。

 このように善管注意義務は、その義務を果たしていれば債務者が責任を回避できるという点に実益がある。

2)善管注意義務が要求される場面

 民法第400条では特定物の引渡し前に善管注意義務が要求されると規定するが、これ以外にもさまざまな民法の条文で善管注意義務が要求されている。

 具体的には「留置権にもとづいて物を占有する者(民法第298条第1項)」「質権にもとづいて物を占有する者(民法第350条)」「委任契約の受任者(民法第644条)」などである。

3)善管注意義務よりも軽い注意義務

 民法では善管注意義務よりも軽い注意義務を要求する場合がいくつかある。

 例えば、無報酬で物の保管を引き受けた者(受寄者という)は、その物の保管について「自己の財産におけると同一の注意をなす義務」を負う(民法第659条)。

 また、親権者は子の財産を管理するにあたっては「自己のためにすると同一の注意をなす義務」を負う(民法第827条)。

 このように「自己の財産におけると同一の注意をなす義務」「自己のためにすると同一の注意をなす義務」と表現するのは、いずれも注意義務の程度が「善管注意義務」にくらべて軽いということを意味している。

 従って、例えば無報酬の受寄者が保管していた物をその受寄者の不注意によって破損した場合には受寄者の注意義務は軽いので、重大な不注意(すなわち重過失)があるときだけ、受寄者は損害賠償責任を負う。

 逆に、軽い不注意(すなわち軽過失)であるならば、受寄者は損害賠償責任を負わない。

お電話でのお問い合わせ03(3931)0880

(受付 9:00~17:30)
メールでのお問い合わせoheya2009@hayashishokai.jp

文字化けする方・メールソフトが起動しない方は
こちらをクリック

定休日
日曜・水曜・祝日

サイト管理者

社長写真 社員写真

こんにちは。社長の 林 栄 です。
当社は、借りていただいた皆さんに、「快適に長~く住んで頂けたら良いな」、ということを信条として営業しています。
お客様に納得してお部屋をお借り頂き、快適に生活出来るお部屋をご紹介いたします。
東武練馬の賃貸物件なら当社!
ご来店お待ちしております。

yahoo検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

会社表示

東京都知事免許
(14)第12836号
林商会不動産株式会社
東京都板橋区徳丸3-1-1