所有権

 法令の制限内で自由にその所有物の使用、収益および処分をする権利をいう。

 物を全面的に、排他的に支配する権利であって時効により消滅することはない。

 その円満な行使が妨げられたときには、返還、妨害排除、妨害予防などの請求をすることができる。

 近代市民社会の成立を支える経済的な基盤の一つは、「所有権の絶対性」であるといわれている。

 だが逆に、「所有権は義務を負う」とも考えられており、その絶対性は理念的なものに過ぎない。

 土地所有権は、法令の制限内においてその上下に及ぶとされている。

 その一方で、隣接する土地との関係により権利が制限・拡張されることがあり、また都市計画などの公共の必要による制限を受ける。 さらには、私有財産は、正当な補償の下に公共のために用いることが認められており(土地収用はその例である)、これも所有権に対する制約の一つである。

お電話でのお問い合わせ03(3931)0880

(受付 9:00~17:30)
メールでのお問い合わせoheya2009@hayashishokai.jp

文字化けする方・メールソフトが起動しない方は
こちらをクリック

定休日
日曜・水曜・祝日

サイト管理者

社長写真 社員写真

こんにちは。社長の 林 栄 です。
当社は、借りていただいた皆さんに、「快適に長~く住んで頂けたら良いな」、ということを信条として営業しています。
お客様に納得してお部屋をお借り頂き、快適に生活出来るお部屋をご紹介いたします。
東武練馬の賃貸物件なら当社!
ご来店お待ちしております。

yahoo検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

yahoosearch

会社表示

東京都知事免許
(14)第12836号
林商会不動産株式会社
東京都板橋区徳丸3-1-1